スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

テールランプ6灯化 Ver.2 その1

鈴鹿サーキットパレードランオフの直前に完成していたネタです。
遅くなりましたが、記事にしておきます。
01 6灯化Ver2

殻割りについては 「ニコイチ」 という
ちょっとイレギュラーな方法でおこなっています → コチラ
01 金づちを準備して

ちなみに6灯化Ver.1 はこちら
ウインカー部分にスパイダーライトを仕込んでいます。
s-DSC09823_20080923202010.jpg

今回は、このウインカー部分も輪っか状にして
完全な6灯化にするのがテーマですので、
まずウインカーのレンズを外します。

外し方は簡単、背面のバルブの穴から棒で突くだけです。
s-DSC00172.jpg

ウインカーのレンズがポロリと外れます。
04 レンズ外し

私は基本的に基板から完全に自作するのは苦手でして、
流用パーツを使って、いかに純正っぱく見せるかに
心血を注いでいます(笑

今回探し出した流用パーツはこれです。
みんカラ友達のやっちんさんからヒントをいただきました。

アルテッツァのトランク側テールに取り付ける
LEDバックフォグ(台湾製社外品)
某オクで落としました。
07 アルテッツァバックフォグ

ドンピシャならそのまま使おうかと思っていましたが、
アクセラのリアコンビランプに組み合わせてみると、
若干サイズが大きいようですね。
しかも、レンズ部分のコーキングが丸見えで、
見栄えもよろしくありません。
08 コンビランプに合わせる

ということで、残念ながら‥‥というか予想通り、
分解される運命でした(笑
ホットナイフで切り刻んで、基板とリフレクターを取り出します。
09 バックフォグ分解

組み合わせるためにはコンビランプのメッキパーツ
にも加工が必要ですので、ユニットから取り外します。
これはツメで刺さっているだけなので簡単に外れます。
05 リフレクター分解

こちらもホットナイフで、ウインカー部分の
リフレクターだけをくり抜いて除去しました。
06 リフレクターくり抜き

アルテッツァのユニットを組み合わせてみると、
ウインカー部分にドンピシャ!
10 ウインカー部分にピッタリ

syrupさんもおっしゃっていた
 「ずっとD.I.Y.をやっていると、サイズを追い込まなくても
  ピッタリはまってしまう「なにか」が
  あるように思えてなりませんwww」
というのは、まさにこの状態です。

試しに点灯してみると、かなりいい感じですよ~。
これで6灯化Ver.2は完成と言ってしまってもいいくらいです。
11 試験点灯

しかし、このままでは終わりません(笑
せっかく分解したので、もひと手間かけましょう。

バックフォグに使われているのは、FluxLED。
12 LED交換

これを、同じ仕様のアンバー交換していきます。
13 LED交換途中

使用したのはKingbright のFluxLED。
しまりす堂で購入しました。
14 アンバー

これで、輪っか状ウインカーなりました~。
15 輪っか状ウインカー

もちろん、これだけでは終わりませんよ~ww
その2に続きます。

テーマ:Axela ライフ - ジャンル:車・バイク

| trackback:0 | commnet:0 | BACK TO TOP |

コメント

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

ヤンヤン

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。