スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BACK TO TOP |

HIDフォグをヘッドライトユニットに移設

富士オフ用のネタです。
ウインカーをバンパーに移設したため空いたスペースに、
HIDフォグをインストールしてみました。
01 フォグ移設

まずは、いつものようにヘッドライトユニットの殻割りをしてから
おもむろにホットナイフを走らせます。
03 ホットナイフで穴あけ

ホットナイフは綺麗な円を描いてくり抜くのは苦手ですが、
今回はこのエリの部分がちょうど良いガイドになりました。
04 襟に沿ってくり抜く

こんな感じでくり抜きます。
05 穴あけ完了

切り口を熱してからフォグをグリグリと押しつけて、
徐々に穴を広げていきます。
06 プロジェクターフォグを突っ込む

フォグユニットは奥行きがあるので、
エンジンルームとのクリアランスを気にしつつ、
あとは現物合わせで‥‥
07 真上から

08 後から

位置決めができたら、接着剤でガチガチに固めます。
10 ガチガチに固定

使ったのはコチラ‥‥超多用途セメダインスーパーX
熱、水、ショックに強いということで、防水も兼ねています。
09 スーパーX

続いて、リフレクターの加工。
プロジェクターレンズが顔を出すように、穴を広げます。
02 ウインカーのリフレクター加工

ちなみに側面のオレンジのリフレクターは
レンズブラックを塗ってブラックアウト化。
11 インナーはこんな感じ

こちらも最後は現物合わせ。
インナーを被せて様子を見ながら、細部を調整します。
12 被せて干渉なければOK

バラストは、デジタルバラストを使用。
13 HIDのための部品

バラストの適当な置き場所がなかなか見つかりません。
結局はフェンダーのすき間に収めることになりました。
14 バラストをフェンダーの裏に

あとはレンズを戻して殻閉じをすれば完成です。
15_20081021010352.jpg

ヘッドライト内のフォグは、法律的にはどうなのでしょう?
ちょっと微妙なので、オフ会限定ということで‥‥
16 点灯の様子

ちなみに、保安基準によれば、

・射光線は他の交通を妨げないものであること
 → 遮光板を付けているのでOK

・灯光の色は白色または淡黄色であり、
 その全てが同一であること → OK

・照明部の上縁の高さが地上0.8m以下であって、
 すれ違い用前照灯の照明部の上縁を含む水平面以下、
 下縁の高さが地上0.25m以上となるように
 取り付けられていること  → OK

・照明部の最外縁は、
 自動車の最外側から400mm以内となるように
 取り付けられていること  → OK

・左右同数であり、車両中心面に対して対称の位置に
 取り付けられたものであること → OK

・フォグランプの点灯操作状態を運転者席の運転者に
 表示する装置を備えること
  → OK

一応、保安基準は満たしているんですけどね‥‥。

| trackback:0 | commnet:2 | BACK TO TOP |

コメント

あ、同じだ!
気付けば同じフォグを買ってました!
使い道はちょっと違う予定ですが、完成はず~っと先です(^-^;

バラストの置き場所が参考になりました(^^)v
ありがと~♪
2008/12/10(水) 22:53:59 | URL | 酎也 #-[ 編集]
酎也さん>
あれま、同じフォグを買ってましたか!?
使い道が違うって、フォグなのにフォグとして使わないんですか!?
どんな風に使うのか楽しみにしていますね。

バラストの置き場所は、やむを得ずですから、
決してベストではないですよ~。

2008/12/11(木) 23:18:16 | URL | ヤンヤン #EQnwGmnI[ 編集]

コメントする


秘密にする
 

このエントリーのトラックバックURL

これがこのエントリーのトラックバックURLです。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

このエントリーへのトラックバック

プロフィール

ヤンヤン

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。